中1(文系単科)小4松江塾【初代公認】ママブロガーの蝸牛 教育の研究と実践〜成功と失敗を添えて〜

男児2名を賢く育てたい、やや教育ママのてんやわんやの奮闘記です。

色々あるけど、本当はそれすら楽しんでいる(✿´༥`✿)あの時の絶望を知っているから🌃

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

昨日は眠くて眠くてまたやらかしてしまった蝸牛🐌です。

(風呂にも入らず本能のままに寝てしまうの巻)

まさに監督不行届の事態!(◎_◎;)

子ども達が野放図になってしまった😭

2人が私を起こさないように、こそこそ楽しんでるのは寝ていても伝わってきたよ( *`ω´)クソー

すぐサボるし、チャンスがあれば全力で楽しむ。。

それが子どもなんだろうけどよ…。

 

自分の子育てがハードモードになるか、イージーモードになるかは子どものタイプにもよるのだろうけれど、多くは自分の状況次第なんだろうと思う🤔

 

自分の精神状態や身体のコンディション、疲労度などで子どもに対する対応はまるで変わってくると思うのだ。

 

親の余裕というか。

 

確実にわかるけど、私が当時ふられそうになっていた「億単位の小切手をとりまとめる仕事」を頑張ってそのまま引き受けていたら、毎日、家で発狂していただろうな、と😭

 

自分がいっぱいいっぱいなのに、子ども達の全てを背負えないよ😭

そんな器じゃないからね。

で、私のことだから、仕事をおろそかにする訳にはいかなくて仕事に全振り、子ども達は放置、、自分でやることやれ‼️で、おそらく、子どもとの仲も悪くなっていただろうなぁ〜と。

 

…逃げるのも恥じゃない😭

 

でも、リスクもとっている💦

私がフルで働き続けた方がそりゃいいじゃないの。。

今、夫に何かあったら詰むよ。

将来の蓄えはどうするよ。

 

どのご家庭もひとつひとつ重要度の高い物を最優先していての今なんだと思う。

 

だから、みんながみんな子どもに全エネルギーを注入できる訳ではなく。。

 

本当は子どもが生まれる前に万全の状況を整えていたら良かったのだろう。

けど、どんなに万全だと思っていても予測不能の事態は起こり得るし、そもそも万全(と思える状態)になるかは、それこそ人生の積み重ねにもならないか?😭

 

親の私達の親ガチャだってあるじゃん。。

 

結婚はしたものの、自分の育った環境に思うところがたくさんあったので、出産を前向きに考えるまで時間を要した私。

 

出産費用やその後に働けなくなる期間を思うと少しでも蓄えを、と思いさらに時間がかかる。

 

そうこうしているうちに4年の月日が経ち、夫の両親が子宝に恵まれる神社⛩️などに祈願しに行っていることを知る😭

 

ありがたいことだけれど、当時は勝手に不妊を疑われたと感じ、カーッと怒りが湧いて、そして誰にも迷惑をかけないように準備をしているだけなのに、、と、ものすごく悲しくもなった😭

 

義母からはとある時に「お金なんて貯めなくてもいいんだからね!」と言われ、どういう意味なんだろう、、とは思ったけど、価値観はそれぞれなんだなぁ〜と思った。

 

けど、じゃあ、お金たまらなくて迷惑かけてもいいのか?って解釈もしてしまい、万全を期すことよりも、みんなに心配をかけないようにした方がいいのかな?と、赤ちゃん待ちモードに入る。

 

タイトルにある「絶望」とはそれから、そら豆が来てくれるまでの7ヶ月です。

 

日々の健康状態に気を付け、ノー酒ノー珈琲、もちろんノー薬、加えてミネラルサプリやマカ、葉酸などの栄養摂取もぬかりなく。

 

けれど、うまくいかない。

体温がガクっと下がる度にメンタルもガクっと下がる😞

 

いくら頑張ってもどうにもならないことを改めて思い知らされる。

年賀状は恐怖、外でお子さんを連れてるママさんに湧き上がる、抑えられない嫉妬の気持ち。。

 

同時に自分はここまで気持ちの汚れる人間なんだ、、と醜い自分に対する自己嫌悪が半端なく。

 

胎内記憶にも興味がすごくあり、私を選んでくれる子はどこにもいないんだ😭と、さめざめ泣いたりしていたあの頃を思うと、、

 

めちゃくちゃ幸せです、私😭

 

ゴルァ〜‼️( *`ω´)

弁当箱すぐ出せ、ティッシュのゴミを片付けろ、トイレ汚したら拭いとけ、私がいないと宿題もしないのか、漢字テスト再テストで90点とかあり得ねぇとか、怒りまくってるけど、幸せです、私😭

 

そら豆とまるおが通った幼稚園で、とある知育教育に沼りました。

私は、それを生み出した先生のお話を聞くのが好きで、その先生は、

 

「子育ては10歳まで」

「親の子育ての手抜きを子どもは一生背負っていく」

 

と言っていた。

子どもにあなたの10年間をあげてって、子どもをいい加減に育てたら、こうなるよって、失敗例や成功例もたくさん教えてくれた。

あと、自分の人生がどうにもならなくても、子どもを立派に育て上げれば、上々だと。

子どもでうまくいかなければ、孫育てで取り返せばいい、とも。

 

今は後悔したくないから、子育てに注力したい❗️

そして、10年を捧げるよ‼️

ん?そら豆、今、何歳だよ:(;゙゚'ω゚'):

…孫育てコース⁉️